バリアフリーを意識

バリアフリーを意識 設計の自由度の高い注文住宅を建てるのであれば、バリアフリーを意識した家づくりをすることがおすすめです。現在高齢者や体の不自由な方がいるご家庭はもちろん、そうでない場合でも段差などを極力減らした家づくりをすることで、家族全員が安全快適に暮らすことができます。
バリアフリーというと、一般的には転倒防止や車椅子での移動がしやすいよう、廊下を広くしたり段差を減らすことが基本となりますが、注文住宅であればそれ以外にもこだわりたいポイントが数多くあります。中でも、トイレの位置は非常に重要です。ご高齢の方にとっては、夜間の寝室からトイレへの移動も大きな負担となる場合があります。トイレが寝室から近ければ、トイレの回数が増えがちなご高齢の方でも安心です。
また、浴室の安全性を高めることも大切となります。浴室内での転倒は、大きな怪我や最悪の場合命の危険に繋がってしまうので、浴槽や床に滑りにくい素材を使用するのが良いでしょう。

注文住宅は施工前が大変

注文住宅は施工前が大変 注文住宅で家造りを検討している方は、いろんなことを決めていかなければなりません。施工会社や土地、価格や間取りなどです。ローコストで済ませたい場合、ハウスメーカーや工務店、大工さんなどをよく比較する必要性があります。土地が狭小だったとき、思う通りの間取りを実現させられる知識と技術がある設計士がいなければ、実現することは難しくなってしまいます。
価格や間取りなど希望を実現しやすい注文住宅ですが、資材の一つ一つまでこだわり選ぶ必要があるため、着工にたどりつくまでが大変です。設計や見積段階で担当者としっかりと話し合い、煮詰めておかないと後悔しかねません。注文住宅は話し合いがとても必要な建て方であるため、コミュニケーションを取りにくい施工会社は選ばないようにしましょう。連絡を取り合うことがなかなかできないようなところを避けて、フットワークが軽いところであれば、目指す注文住宅を建てることができるでしょう。建設が始まってから変更することは難しい場合が多いので、注意が必要です。